TOTAL:012345 T:123 Y:456

印刷方法は選べるか

 

のぼり旗の安い作成方法には、印刷の種類が影響することもあります。
依頼する印刷内容が複雑であったり、写真データの取り込みなどがあると
印刷方法が違ってきます。


一般的にはシルクスクリーン印刷という方式が採用され、
背景や文字などが決められた色であれば鮮やかな印刷が
期待できますが、注意点もあります。

注意点


シルクスクリーン印刷は製版が必要で、限られた枚数では
一枚当たりの単価が高額になります。


データが複雑になると印刷での表現が難しくなり、色付きの印刷ができる半面
カラー印刷には向いていません。


のぼり旗を大量に制作する場合は、ほぼシルクスクリーン印刷での対応になります。


少量で仕上げたい場合はインクジェット印刷を選ばれることもありますが、
こちらも単価はそれほど安いものではありません。


複雑なデータや写真入りのデザインにも対応できますが、
シルクスクリーン印刷に比べると若干発色が淡くなります。


印刷方法のメリットと注意点を検討して、デザインを決定することが必要です。

のぼり旗は他の方法と比較すると非常に手軽な宣伝方法です。
内容をすぐに把握できるので、宣伝方法としては効果は高くなります。
内容はシンプルなほうがより認知度も上がり、人目につくようになります。
認知しやすい


設置場所や必要な枚数を検討することで、状況に応じた制作が可能になります。
のぼりは設置する期間により劣化していく商品なので、定期的な交換を心がけ、
予備の在庫を確保することも重要です。