のぼりの素材は安さだけに目を向けない

 

のぼり旗を制作する上では、コストをかけられない場合も多く
予算の範囲内での制作を希望される場合もあります。
予算の範囲


特に一時的な利用やある期間内だけのキャンペーン・イベント時だけの
ワンポイントでの利用の場合には、半永久的に使用するわけではないため
素材に拘るよりは安いタイプの物を選択されることも多いです。


ただ、屋外や屋内といった使われる場所、印刷の鮮明度の具合などを
検討することも重要で、数時間で使い物にならなくなってしまった
というのを防ぐ必要もあります。


もし仮に制作したのぼり旗を何度も繰り返し使うことを検討する場合の
注意点には、安さだけに囚われてはならず、ある程度の期間の利用に
耐えるべき素材でのぼり旗を製作した方が良いです。
素材の選び方


一番避けたいのは、何度も作り直しをすることで、それの方が
意外とトータル的にコストがかかってしまう恐れもあります。


一般的な素材としてはテトロンポンジが多く用いられ、他にも
厚手のテトロンツイルやテトロントロピカルも見られます。


テトロンポンジの場合だとコストがかからない生地となることは確かですが、
その分の厚みが存在しないため、意外と破れやすかったりする特徴があります。


そのため、テトロンツイルやテトロントロピカルの方が厚手になるため
その分耐久性にも優れ、毎日使用したり長期間使用したりする場合には
それを選択すると良いです。


他にも高級感を持たせる上では、のぼり旗にスウェードを採用したりすることもあり
制作を行う上では安さばかりに目を向けずに、生地の違いを
把握しておくことも大切となります。