のぼりは1枚当たりの単価を見る

 のぼり旗は一見すると現代的でないと思う人もいますが、
商売していく中で新聞などの折り込みチラシは経費がかかり
頻繁に使用すれば経費倒れになり経営の負担になります。

まして小さい営業所では売り上げが低いため販促費に掛ける経費は少なくなります。

そのような条件の中で店舗やイベント、商品を安価でアピールできるのがのぼり旗です。
現在道路端に多くがなびいています。外国人が見たら何か滑稽な雰囲気で
理解できないかもしれませんが、日本人にとっては昔からのなじみがあり
意識しなくてもすんなり入ってきます。
のぼりはなじみやすい

単価の安く短期間で注文道理の品が入ってくれば頻繁に利用することで
売り上げアップに結びつくはずです。


小さい店舗の小売業や営業所では商圏が狭くインターネットを活用した販促も
効果はあまり期待できません。昔ながらののぼり旗がいまでも続いていることは
とにかくのぼり旗は目立つことに有効だからでです。


効果が期待できる品物を近隣で作っているところはほとんどありません。
インターネット等で注文できる業者を探し注文をしてみて、安い単価の
品質を比べることによって、業者を特定してイベントなどに利用すれば
売り上げ効果が期待できるはずです。
売り上げが上がる


注意点としては道路端に古びたのぼりを長期間つけっぱなしの店舗は
旗が汚れて鮮度感がなく、その店自体の清潔感がなくなります。


常に企画を変更してのぼり旗を入れ変えることで、店舗イメージが
大幅にアップすることは間違いないでしょう。